まつど議会報告

Aug 31, 2017

平成29年9月定例会 大塚けんじの一般質問


平成29年6月定例会では、以下の質問をさせていただきます。
(1) スマートフォンの使用について
(2) ゴミの焼却熱について
(3) 巡回バスのについて
(4) 国際研究拠点について
(5) 職員によるプロジェクトチームについて
(6) 新学習指導要領について
 一般質問動画
 具体的な内容
1 スマートフォンの使用について
  • 道路横断する際の「歩きスマホ」禁止条例を制定してはどうか。

2 ゴミの焼却熱について
  • ごみ処理に伴うエネルギーをうまく使い、二酸化炭素の排出削減につなげる という目的から、環境省は今年度4億円の支援を行うようだが、本市の現状 と今後の新展開について問う。

3 巡回バスのについて
  • ショッピングモール等は巡回バスなどで来店しやすい仕組みを作っている。 そこで、北部市場跡地にできるショッピングモールに巡回バスを要望しては どうか。

4 国際研究拠点について
  • 文部科学省は世界最高水準の研究機関づくりを目指す『世界トップレベル研 究拠点プログラム』を開始している。行政が市内大学と連携をして、または 市外大学を誘致して、国際交流拠点をつくってはどうか。

5 職員によるプロジェクトチームについて
  • 自己推薦採用(事務職)や民間企業等職務経験者等の職員が得意とする分野 についてプロジェクトチームを組み、政策提言をさせてはどうか。

6 新学習指導要領について
  • ある民間調査によると20年後の日本の労働人口の約49%が人工知能やロ ボット等により代替可能とのこと。こうした時代に移行していく中で新学習指導要領の発表があった。
  • 市立松戸高校はアクティブラーニングを展開していくのか。
  • 言語能力の確実な育成とあるが、母国語である日本語、伝統や文化に関することわざ・古文・漢文の音読など、どう学習の充実をしていくのか。
  • 小学校からプログラミング教育が必修化となるが、関係省庁・企業等が 設立した「未来の学びコンソーシアム」と教育委員会・地域住民等はどう連携・協働していくのか。
  • 幼稚園と小学校の連携を推進しているが、幼児期の終わりまでに育ってほしい具体的な姿とは何か。

 その他議員の一般質問リスト(参考)

全議員の一般質問


関連記事